人為的要因が強いと思われるはさまれ事故

食品製造業の事業場でベルトコンベアの「はさまれ事故」がありました。幸いケガは、左手人差し指の爪剥離だけで済みましたが、事故の発生要因が確認不足・コミュニケーション不足など人為的要因が強いものだったため問題となりました。 事故の発生は、夜勤帯…

静電気による鉄粉の発火

鉄粉を扱う事業所にて、床を掃除機で清掃していたところ突然、発火する事故がありました。この発火により、掃除機本体内部とフィルターおよび吸引ホースの本体側が焼け焦げました。幸い付近に窒息消火用の消火器があったためすぐに消し止め、延焼するには至…

生物学的モニタリング

生物学的モニタリングとは、あまり聞きなれない用語かもしれませんが、特殊健康診断とも関連がありますので見てみたいと思います。 概要と意義 生物学的モニタリングとは、有害物質にばく露した作業者の血液や尿などを採取して、その中の有害物質もしくはそ…

作業環境測定

粉じんや有機溶剤・鉛・特定化学物質など、一定の有害物質を使用または発生する事業場では、作業環境測定が義務付けられています。一般的には作業環境測定機関などに委託することが多いので、騒音を除けば実際に事業場自身で測定・評価をすることは少なく、…

ドア開閉による衝突され事故

窓のない金属製の重いドアの開閉による「衝突され」の事例です。 被災労働者は、バインダー内の書類を見ながら事業所家屋外に出るために鉄製ドアを開けようとして、その前に立っていました。ドアノブに手をかけようとしたとき、ドアの向こう側にいた別の労働…

苛性ソーダによる薬傷

苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)によるアルカリ熱傷の事例です。 被災労働者は、タンクローリーから工場内の貯蔵タンクに苛性ソーダを注入する作業をしていました。作業は、貯蔵タンクのパイプラインとタンクローリーの送出管を接続してサイフォン式に注入し…

ひねり動作による腰痛

被災者労働者は、商品を運搬用の台車から製品棚に移し替える作業をしていました。商品は、1個当たり10~15kg程度、台車から持ち上げる際はやや腰を落とす必要がある高さ、製品棚は胸部あたりの高さでした。台車から棚に移す際には、ほぼ直角に向きを変…